839

アクセスカウンタ

zoom RSS 虹はんの近く。

<<   作成日時 : 2007/06/20 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


これな〜〜〜〜んだ?いひひ。

画像


江戸中期の偉人。

雨森芳洲。

木下順庵に学び伊香郡高月町が生んだ、国際人。

同門には、新井白石がいる。

画像


僅か9歳でこの詩を読んだ。

隣国李氏朝鮮との外交・貿易において、真文役として大きな功績をあげました。61才の時の著『交隣堤醒』にみる「互いに欺かず争わず、真実を以ての交わり」という説には、彼の先進的な国際感覚がよく表れています。 また80歳を過ぎてから和歌の勉強を始め、88歳で亡くなるまでに2万首の歌をつくりました。生きている限り学ぶ姿勢を忘れず、日本と朝鮮のかけはしとなった芳洲は、対馬に渡ってから一度も雨森に帰ることなく、宝暦5年(1755)、対馬で亡くなりました。 芳洲のふるさと雨森に、その功績を顕彰して建てられた「高月町東アジア交流ハウス・雨森芳洲庵」では、芳洲の足跡を詳しく知ることができます。
      
この様な人物がこの国に居るのか?

偏見や差別の無い無私の人。

以上。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
此処はウチからは少し離れていますが以前行った事はあります

私達が訪れた時、すれ違う町の人は皆笑顔で挨拶をして下さいました

町の中も、とても綺麗で気持ちの良い所でしたよ

偉い方が出られた所は、その教えを
今でも守って居られる感じがしました
虹はん。
2007/06/21 09:38
そうですね、この町は綺麗に
掃除されていて、とても気持ち
が良くて、町の人も親切でした。
今も、韓国と交流して市民外交
しておられます。
文化や風習は国それぞれですね?
同じ地球人なのに、殺し合いや
人類は地球の癌やね。
おおきにさんどしたえ。
839
2007/07/04 23:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
虹はんの近く。 839/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる