839

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分。

<<   作成日時 : 2007/02/12 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

未だ、生かされている自分。

この世にいまだ未練がある自分。

誰かに甘えたい自分。

人の為に生きたいたいが出来ない歯がゆい自分。

恨みや妬みを捨てられない自分。

素直になれなくて、意地を張る自分。

こんな、自分だけど誇れる物がある。

偏見と差別を憎む事。

地位や名誉はお金で買えるけど、誇りは自分にしかない。

生と死は誰に対しても平等である。

人は生まれた時は無であり、死にいくときも無である。

だから、恨みや憎しみは死ねば無になりあの世に召される。

しかし、残された者たちは恨みや憎しみを受け継ぎ愚かな過ちを犯す。

機械とか品位とか品格、美しい国とかいうこの国。

富める者が良くて、貧する者が馬鹿を見るこの国。

働けど働けどわが暮らし楽にならずじっと手を見る自分。

自分が自分らしく生きられる世の中はあるのだろうか?

以上。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まぁ〜、839さんが生きてくれるだけでいいと思っている人が多いと思います。
839さんの煩悩など、839さんの命の問題と比べればささいな事。
お互い、自分を大事にしましょう。
ワン
2007/02/12 23:18
ワンさん有難う御座います。
ご心配をお掛けしました。
そうですね、お互い自分を
大切にすれば良いですね。
839
2007/02/13 22:15
 839さん。だいぶ素直になったね。
ずいぶん苦しいんだね。
こういう事を書くと皆に嫌われると思うけど、839さんが意識のあるうちに、なんか、語りたいものがあるんだ。

私の父はALSという助からない病気になった。
死とは無になるものだと分かっていても、その前に一緒に楽しみたいと思った。
安芸の宮島につれていきたかった。
今では、安芸の宮島なんか行っても無意味だけどね。

もし、839さんが、このブログで楽しむ事があれば、楽しませてあげたい。

私の父がALSの上に、病院の腸閉塞の処置に失敗して腹膜炎になった時、手術が必要だと医師に言われ、それを父に伝えたら、父は母を抱きかかえて泣いた。

まぁ〜、手術は一応成功らしいが、人工肛門を付ける事となった。

言いたい事は、やっぱり、楽しみさせてあげたい、笑わせてあげたい。

そうすれば、お互いに悔いは残らないだろう。
ワン
2007/02/15 02:07
 黒さんも、839さんも、
自分の良い所を見て欲しいんだろう。

そのためにガンバレや。

ブログで、かっこいい所を見せてくれ。

喧嘩もしてくれ。
勝ってくれ。
ワン
2007/02/15 02:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自分。 839/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる